住む前の環境整備状況を確認

内覧時に確認しておきたいこと

不動産業者の案内で内覧を行う時、設備や内装について気になる点が生じることもあるはずです。エアコンが古いモデルだったり、網戸が破れたままになっていたりなどのケースもありますが、こういった箇所は入居前に改めてもらえるのか、確認しておくことが大切です。特に、設備に関しては、後から変更を行うことが難しいため、内覧の時点で相談を行うのがおすすめと言えます。大家さんのはからいでエアコンやトイレ、洗面台などを新しい物に交換をしてくれることもありますので、気持ち良くお得に入居をすることができます。なお、交渉は入居意欲をしっかりと伝えた上で行うようにしましょう。契約をする旨を伝えておけば、大家さんにも前向きに検討をしてもらいやすくなるはずです。

住み始める前の状況確認

実際に生活を始める前には、環境をよくチェックしておく心掛けが大切と言えます。内覧の時に、網戸や障子などを新しくしてもらえる話だったはずが、そのままになっているケースもあります。放置をして生活を始めてしまうと、モヤモヤとした気持ちになるだけでなく、退去をする際に破損がこちらの過失にされてしまう場合もあるため、生活を始める前に不動産会社への報告や相談を行っておくのが肝要です。そのほかにも、もともと傷や汚れがないか、設備が正常に動作をするのかなども、細かくチェックしておくのがおすすめです。日付入りで写真を撮影しておけば、最初からそのような状態になっていたという証明ができ、退去時の原状回復を巡るトラブルも回避しやすくなるでしょう。